行唐生物质

それは小さなキッカケでした・・・

2014年1月、新潟市役所の環境政策課さんと新潟市民大学さんが主催した「太陽光発電勉強会」。

各地で行っている「ご当地発電」の現状を聞き、大きな期待が沸きました。

この「にいがた」で、私たちの手で、地域に誇れる、子供たちの未来に託せる「発電所」を建設したい!

私たちは行動を起こしました。

準備会を作り、キックオフイベントを企画しました。

同年9月23日。定員280名の会場を超満員にしてくれた市民のみなさん。

勇気と元気をもらい、12月に「一般社団法人おらってにいがた市民エネルギー協議会」が発足。

市民による太陽光発電所建設までの道筋について議論を重ね、

ついに2015年6月。

発電事業会社「おらって市民エネルギー株式会社」が発足しました。

「おらって市民エネルギー株式会社」は協議会に所属する市民が運営し、

市民のために事業を行う株式会社です。


 

冬火生物质壁炉
新潟市役所環境政策課、にいがた市民大学の呼びかけにより、市民発電勉強会を開催

生物质能
市民有志により、「おらってにいがた市民エネルギー準備会」発足

生物质锅炉除尘器
キックオフイベント「おらっての電気つくろ!」を開催

生物质电站
「一般社団法人おらってにいがた市民エネルギー協議会」設立

合肥生物质
協議会の事業会社として「おらって市民エネルギー株式会社」発足


2015年 9月
太陽光発電所第一号機が新潟市黒埼市民会館屋上に完成、竣工式開催

2016年 2月
「にいがた市民ソーラー応援ファンド2016」募集開始(同年5月募集終了)
 
2016年 5月
全20か所の発電所が完成